Le murmure de Papa Baffone パパ・バッフォーネ 公式ブログ
mastersommlier.jpg
PROFILE
牛田晃稔

Papa Baffone / パパ・バッフォーネ
オーナー マスター・ソムリエ
牛田晃稔

93・94年 『エンリケ王子賞』全国ソムリエコンクール連続第4位入賞

96年 称号 『アンバサドール・オブ・ナパヴァレー』受賞

98年『アカデミー・デュ・ヴァン』インストラクター資格・認定

00年 騎士号 『シュヴァリエ・レ・ピリエ・シャブリジアン』

07年 (一社)日本ソムリエ協会
理事/東海支部 支部長 就任

12年 (一社)日本ソムリエ協会
東海支部 顧問 就任

13年 (一社)日本ソムリエ協会
マスター・ソムリエ認定

BAR INFO
パパ・バッフォーネ Papa Baffone

TEL
052-219-7558

FAX
052-219-7555

住所
愛知県名古屋市中区栄1-13-14
アーバン伏見 1F

営業時間
17:30〜翌1:00(LO.0:30)

定休日
日曜

MAP

CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< October 2014 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
カーヴ ル・ブション オンラインショップ
楽天市場 カーヴ ル・ブション 岐阜県瑞浪市のワインショップ
2014.10.31 Friday
サヴニエール・クーレー・ド・セラン

写真.JPG
この横顔を見て『あっ!』って思われた方!!

あなたは、かなりのワイン通!もしくは優秀なソムリエ!でしょう

今回のフランスの隠れた”超目玉”【ニコラ・ジョリ氏】です。

なんせ世界中を飛び回っている方なので9割方留守であろう!と
到着まではおもってましたが・・・居てくれました。

日本の輸入元『F』社から訪問の希望を伝えたのですが断られた
ようでしたので、私のコネクションでお嬢様にコンタクトを
取ったら、即OK!

というわけで世界が注目するビオディナミの大家を訪問しました。

写真.JPG
前方に見える畑が『モノポール』のクーレードセランです。

急な斜面ですが生きている丘!の感じるものがありました。

このあたりの草木を取り巻く自然はみな生き生きとしているん
ですよ!なんでしょう。
写真.JPG
ご存知、クーレードセラン!の2002年と2012年の
比較試飲も興味深いものがありましたが、なにより手作りの
農作物なんです。

もうかれこれ20年も前からあちこちで説いて回ってきましたが
ここで体験された方々は、体で感じていただけたのではないでしょうか。

私が言い続けてきたこと・・・わかってもらえたような気がして
とてもうれしい1日でした。
写真.JPG
ジョリ氏に感謝。
 

2014.10.30 Thursday
シュヴァルブラン

写真.JPG
二日目の午後は、ワインマニアさんにとって泣く子も黙る!
といわれる【シュヴァルブラン】訪問

今回のワイナリー研修で表向きの”目玉”と謳ったのは
昨日の2軒目グランヴァン【シャトー・ムートンロートシルト】と
今日の、この【シュヴァルブラン!】

でも多分、参加された方々は昨日の【ポンテカネ】と今日の午前中
に訪問した【ラフルール ペトリュース】の実力を実感された
のでは・・・と、ほくそ笑んでいます。

写真.JPG
醸造設備や技術、その他もろもろの設備投資も圧倒的な威力をみせて
訪問者が『お〜っ!』とおどろく完璧さです。

・・・が、60年代からのワインを知っている私たちにとっては
なんとも!!??

かなしいかぎりの味わいと感じたのは私だけではなかったようです。

シャトー・ムートンロートシルトも同じ印象でしたね。

たしかに美味しいのですが・・・



 

2014.10.29 Wednesday
ラフルール・ペトリュース

写真.JPG
昨夜、写真をアップしたところでバッフォーネがバタバタ
しましてそのままになってしまいました(^^;;

ご存知あの『ペトリュース』のオーナー【ムエックス】が
所有するもう一つの蔵【ラ フルール ペトリュース】は
いやぁ〜まるで農家の手作り感満載の蔵!

たしかに生産量もすくないのですが、なによりもワイン造りに
かかわるすべての人たちがアットホームな印象で、こりゃ
え〜ワイン!できるわなぁ〜!!と感じました。

ワインはもちろん期待通りの嫌みのない凝縮感と青味の無い
ミュールのような風味に心地よい柔らかな味わいが感じられで
絶品!
写真.JPG
ペトリュースをはじめ7つのワイナリー所有者であるムエックスの
次期総帥【エドワルド氏】が社員と一緒のランチに誘ってくださって
そりやぁ〜もう、アットホームな大歓待を受けちゃいました。

人柄もいいし・・

いつも感じてるように、いいワインって人が良くないとできないね!

農作物なんですよ!ワインって。

2014.10.28 Tuesday
二軒目シャトームートンロートシルト

写真.JPG
二軒目は、皆さん良くご存じのメドック第1特級の
【シャトー・ムートンロートシルト】です。

樽熟庫の壁に映るシルエットは素敵ですね。

今度のパパ・バッフォーネ11周年記念パーティーで
ビンゴの賞品用に・・・なんと!

CH.ムートンロートシルトのワインを熟成させた木樽の
クリスタル栓をゲットしてきましたので抽選でぜひ当てて
くださいよ!

写真.JPG
いちおうまだ正式なラベルも貼られていないムートンを
試飲させていただきました。

ちなみにムートンロートシルトっていうとあの羊から
名前がついたと想像される方が多いのですが、違いますよ〜

語源となった【Mothon】は、丘の意味です。
畑が緩やかな丘になっているところからついているようです。

ちなみにCH.ラフィット ロートシルトも語源は丘の意味
そう、La-hite なんですね。

また、あやしいお店でこのネタ使うんでしょ!アナタ

ありがとうございました。

2014.10.27 Monday
最初の訪問先 シャトー・ポンテカネ

写真.JPG
フランスのワイナリーを巡ってきました。

まずは、シャトー・ポンテカネ!

いやぁ〜すばらしい生き生きとした畑に驚かされます。

下草もいっぱい生えているしロバもいるし・・・

まるで自然派の畑??

と、おもったらやはり2009年からビオディナミを実践しているとのこと!

マジですか!!

ボルドーはメドックの格付け第5特級ですよ!ココ

それがビオディナミ!?

しかし話を伺ううちに作り手の哲学が見えてきましたよ!
写真.JPG
左が醸造家のコムさん!

ポンテカネのオーナーがコムさんの哲学にほれ込んで
ビオディナミ農法を取り入れたのですね。

いやぁ〜ワインには赤や黒系ベリーの風味がたっぷり!

凝縮感もあって濃厚な味わいとほのかな樽のニュアンスの
バランスは絶妙です。

しかし・・・聞いた噂では!!

今年、ポイヤックのAOCをはく奪されそうだとか・・・

多分、いや間違いなく他ワイナリーの嫌がらせでしょうね!

だって、これこそ自然のもつポイヤックのテロワールを表現
したワインですもの・・

買うなら今です。


 

2014.10.26 Sunday
ディネ

写真.JPG
昨夜は、ヘロヘロになりながら
いただいたリードヴォーがとても美味しかった〜

疲れ果てております。

左眼の充血が気になるなぁ〜

あすは、病院行き〜!


| Posted by 牛田晃稔 | - | 09:57 | comments(1) | trackbacks(0) |
2014.10.24 Friday
ポーズ

写真.JPG
スケジュールが予定どおり終了しましたので、やっと休憩のカフェ!です。

シガーふかしながらホッとしてます。

目眩と左眼の充血?がヒドい一週間は、しんどかったぁ〜

| Posted by 牛田晃稔 | - | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
2014.10.24 Friday
デセール

写真.JPG
今日は、また目眩がはじまってしまいました〜。

参ったなぁ〜

・・と言いながら、ランチのデセール完食です。

しかし、急には治らんし・・

ところで11月8日(土)夜に開催のバッフォーネ周年パーティ

まだ入場チケットを交換してない方!お急ぎくださ〜い。

お待ちしてます。




| Posted by 牛田晃稔 | - | 08:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
2014.10.23 Thursday
今夜の

写真.JPG
ディネは、仔牛〜

霜降りじゃ無いので、お肉の風味が良くて美味し〜!

あの意図的な霜降り肉は・・
どうなんでしょネ。

| Posted by 牛田晃稔 | - | 21:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
< 前のページ 全 [224] ページ中 [1] ページ目を表示しています。 次のページ >

▲ このページの先頭へ