Le murmure de Papa Baffone パパ・バッフォーネ 公式ブログ
mastersommlier.jpg
PROFILE
牛田晃稔

Papa Baffone / パパ・バッフォーネ
オーナー マスター・ソムリエ
牛田晃稔

93・94年 『エンリケ王子賞』全国ソムリエコンクール連続第4位入賞

96年 称号 『アンバサドール・オブ・ナパヴァレー』受賞

98年『アカデミー・デュ・ヴァン』インストラクター資格・認定

00年 騎士号 『シュヴァリエ・レ・ピリエ・シャブリジアン』

07年 (一社)日本ソムリエ協会
理事/東海支部 支部長 就任

12年 (一社)日本ソムリエ協会
東海支部 顧問 就任

13年 (一社)日本ソムリエ協会
マスター・ソムリエ認定

BAR INFO
パパ・バッフォーネ Papa Baffone

TEL
052-219-7558

FAX
052-219-7555

住所
愛知県名古屋市中区栄1-13-14
アーバン伏見 1F

営業時間
17:30〜翌1:00(LO.0:30)

定休日
日曜

MAP

CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
カーヴ ル・ブション オンラインショップ
楽天市場 カーヴ ル・ブション 岐阜県瑞浪市のワインショップ
2016.12.12 Monday
ヴィニタリー

毎年4月に北イタリアで開かれる自然派の『サロン』には

小さな作り手さんたちが自慢のワインを持ち込んで発表会みたいに

賑やかです。

 

・・が、その時期のヴェローナは【ヴィニタリー】も開催されると

あって、ホテルは暴利をむさぼる絶好のチャンス!

 

ということで、すでにヴェローナ市内はどこも満室です。

 

あちゃ〜

 

しかも通常料金の3〜5倍だね(^^;;

 

旧市街はさらに高額でさらに先決済、キャンセル不可!という

むちゃくちゃ条件。

 

しかたなく1部屋押さえましたが、行けるかどうかわからないのに

もう先日、カード会社から引落しがきましたわ!!

 

あちゃ〜〜〜

 

2016.12.05 Monday
新着!!

新着のグランレゼルヴァは、タンニンがこなれていて飲み易く

 

しかも凝縮感のある『グリス』を感じる逸品です。

 

バッフォーネへのデヴュー!は・・・近日〜

2016.10.28 Friday
エルミタージュの畑

70回を超える渡仏歴のなかで間違いなく最悪の体調で出かけた

今回のワイナリー研修ツアーも無事終了〜

 

ソムリエ協会の支部行事にて休めず・・・むむっ!

 

最高につらくて長い旅でしたが参加いただいた皆さんの楽しそうな

笑顔に救われ『来てよかったぁ〜』と感激の研修ツアーとなりました。

 

そして出国前の連日、点滴手配いただいた【Dr.S】に感謝

 

またぜひ次の企画を組みましょう!

 

ラングドック地方〜シュッドウエスト地方 または 

ジュラ地方〜ブルゴーニュ地方 あるいは

ピエモンテ州〜ブルゴーニュ地方 などなど・・・

 

お楽しみに〜

 

 

2016.08.01 Monday
イタリア便!

IMG_9040.JPG

まもなくイタリアからワイン1,000箱を載せたリーファーコンテナ

(冷蔵コンテナ)が横浜港に入港します!

 

いぇ〜ぃ!(^^)/

 

入管審査に必要な【成分分析表】やら諸々の書類も到着しまして

内容確認中で〜す。

 

弊社の倉庫へは、早ければ12日(金)着かな?

 

久しぶりのアイテムや、初入荷のアイテムなど皆さんには

お盆明けにお知らせ予定ですのでどうぞお楽しみに~

 

 

 

2016.04.26 Tuesday
サンプルワイン


多分、多くの皆さんには初めて見るラベル?!

私たちが実際に蔵元との試飲で使う多くのボトルにはこんな手書きの
ラベル?が貼られています。

これはシチリアの【ステファーニア女史(エノロゴ)】が手掛けた
【アルマネーラ】の樽熟成前のサンプル!

これを樽に入れて数か月熟成させると、また違った風味になるのですが
樽熟前のテイスティングで十分その中身のチェックができるので
今回もタンクから抜き取ったワインを試飲させていただきました。


こちらは懐かしい【ロッソ・デル・プレジデンテ】

おこがましいのですが・・私を【マエストロ】と呼んでくれていまして
わざわざ【ロッソ・デル・マエストロ】という銘柄に替えてくれた
年もありました。

シチリアはパレルモの【FATASCIA(ファタシャ)】です。

秋が楽しみです。

 

2016.04.19 Tuesday
リュパブリック広場


今日はフランス・イタリアのレポートを作成中ですが・・・

写真を整理しているなかにあった【リュパブリック広場】の写真

パリのテロ後、追悼のために市民が集まった場所です。

立ち寄った時も祈りをささげる人が居て心痛みました。

さぁて今日はいい天気ですね。

バッフォーネも賑やかになりそうです。

腰痛くて静かにしてますがお立ち寄りくださいね〜

そしてそしていまだスタッフ見つからず探しています。

正社員 募集中

素人さん大歓迎ですのでよろしくです。

2016.03.22 Tuesday
Villa Favolita

IMG_6429.JPG
今年もまもなく自然派ワインの一大イベントがイタリアで
始まります。

毎年、参加させていただき小さなこだわりの造り手さんと
試飲しながら交流してきますが、今年はちょっと遅い開催!

例年、会場となるヴェネトの館は大理石の建物が冷えて寒くて
風邪ひくんですよね〜

今年も完全防備(寒さの)で出かけます。


 

2015.11.08 Sunday
ルネッサンス デ アペラシオン

IMG_6425.JPG
来春もフランス、イタリアの各地で自然派の造り手たちが
自慢のワインを持ち寄るサロンが開かれるようです。
(写真は今春の風景)

弊社が輸入元としてエクスクルシヴをもつ小さなこだわりの
造り手さんも参加する為、わたしも新ヴィンテージの試飲や
現地情報の収集の為でかけます。

・・・が、すでに会場周辺のホテルは満室〜〜〜

え〜〜〜っ!

しかも、部屋代 通常の3倍〜10倍ってか(><)

エ〜〜〜ッ!

まるで【嵐】のコンサートが行われた昨夜の名古屋状態・・・!

てなことでここ数日、ホテル探しやっとります。
 

2015.04.05 Sunday
モンテフォルケ


今年の【モンテフォルケ】は、おもしろい!

なんと【カルメネーレ】を造ったんですよ〜

実は、あまりにも古くからオーガニックでブドウ栽培をやってる
農家さんなんですが・・・

アルフォンソ氏が、爺さんから聞いた話では
『この畑はカベルネフランだ〜!』

・・ということだったので、ボトリング時に【カベルネフラン】と
ラベルを作ったんですが、どうも味わいが違うので調べたところ
畑が古すぎて混植(いろんな品種がバラバラに混ざって植えられている)
だったことが判明!

なかでも【カルメネーレ】が30%も混ざっていることが判明したのですが
『もう【カベルネフラン】ってラベル作っちゃったから、これでいいわ!』

(^^;; ・・ということだそうです。

イタリア人、恐るべし・・・

そのアルフォンソ氏が【カルメネーレ】造ったんですよ(^^;;

ほんと〜〜?????

ちゃんと【カベルネフラン】と区別したかなぁ〜〜〜

でもおいしかったから・・・

ま、いっか(^^)v

< 前のページ 全 [18] ページ中 [1] ページ目を表示しています。 次のページ >

▲ このページの先頭へ